新潟 新築 現場の進捗

ニュース&ブログ

2018/10/29

ブログ

新潟 新築 現場の進捗

新潟 新築 現場の進捗

訪問ありがとうございます。

このところの新潟は雨も多くなり、気温も下がってきました。

新潟の冬!って感じですね。

お体だけはお気をつけください。

新潟支店、松崎モデルの進捗状況です。

現場は大工さんが頑張ってくれて随分変化してきました。

今日から2週間ほど前の写真です。

断熱材が終わり床合板を貼っているところです。

上記の写真より2日経って見現場に来ると、なんと上棟も終わり、足場が立っていました。

大勢の大工さんが柱や梁を施工したり、クレーンで材木をつり上げたり、屋根の形ができあがってくる状況をお見せできず申し訳ありませんm(_ _ )m

隣のモデルハウスから屋根を見るとグリーンのシートが貼ってあります。

このアスファルトルーフィングで雨水の浸入を防ぎます。

中の様子です。柱や梁、それにそれらの構造体を連結させる金物も見えますね。

これらの金物は接合部分の補強や構造材の脱落防止の為に取り付けています。

こちらは火打ち金物です↓地震や台風での横からの揺れに備えます。

タイペックシートを張りました。

壁に貼った白い紙のようなシートです。

極薄のシートですが、その正体は高密度ポリエチレン製の不織布。

透湿性、耐水性、強度があり、かつ軽量!という優れもの。

どんどん進み、サッシが入りました。

玄関には工事用のドアです。

このドアは工事期間中の仮のドア。

本物は現場が落ち着くまでお預けです。

養生のメッシュが引かれ、外の工事も始まりそうです。

現場の落下物があちこちに飛散しない為にこのようにして覆います。

屋内に入ると天井が黒い!!

よく見ると、商品名の他に「通気・遮熱ボード」とあります。

こちらを一枚施工するだけで遮熱や断熱ができ、形状に工夫を凝らしているので通気もできる、という代物です。

完成してしまうと見えなくなりますが、このボードのがあるとないとでは夏の暑さ、冬の寒さに差が出ます。

あいにくのお天気の中、板金屋さんが作業に来てくれました。

本格的な屋根の施工前に「唐草」の取り付けです。

唐草とは水切り用の板金のことです。

細部の形状は現場で加工しながら施工していきます。

これから新潟は天気の悪い日が多くなっていきますが、安全面に配慮して事故のないように進めて行きたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

次回のブログも是非ご覧下さい。

メールでお問い合わせ お問い合わせページ リンクバナー

スマホ用 メニューを開く