Ecomss System

エコムズシステムについて

HOME > エコムズシステムについて

Ecomss System

エコムズシステムについて

ECOMSS SYSTEMについて

家と共に暮らしていく。
全てにこだわった世界で1つの家づくり。

Ecology saving energyComfortable

ダブル
断熱

健康にも地球環境にもお財布にも優しい。
夏は涼しく、冬は暖かい快適生活に大満足

画像

リーズはデザインだけでは無く、断熱等の性能にこだわった家づくりをしています。いくら断熱材を厚くしても、住宅内に隙間風が入らないようにする気密性が悪ければ効果は半減します。断熱性と気密性、双方を高めることで、外気の影響を受けにくい魔法瓶のような室内環境を実現できるのです。
急激な温度変化により心筋梗塞や脳梗塞といった健康被害を引き起こす、ヒートショックの対策にもなります。一年中快適な室内で過ごせる高断熱・高気密な家は、冷房効率の向上による光熱費の節約、省エネへの貢献、健康リスクの低減等、長く住み続ける上で良い事づくめです。

画像

高気密・高断熱な家づくりで注目すべきは、断熱材と窓サッシです。
全シリーズ「断熱等性能等級4」のリーズでは、壁とのすき間を埋めるようにぴったりと密着して、断熱性能を高められる発泡ウレタンを断熱材として標準装備しています。
「B-KLE」「G-ALL」は、発泡ウレタンにさらに断熱材をプラスしたダブル断熱構造が標準装備。「G-ALL」の全ての外壁と屋根では、壁(100cm厚)、屋根(200cm)の発泡ウレタンに、高性能フェノールフォーム断熱材「ネオマフォーム」を20mm厚加えるダブル断熱構造を採用しています。

画像
  • 屋根 標準…G-ALL
  • オプション…B-KLESIM
  • 外壁 標準…G-ALLB-KLE
  • オプション…SIM

窓断熱

暑さ・寒さの侵入を防止
居心地の良い家づくりはまず窓辺から

全棟標準
トリプルガラス

画像

高気密・高断熱な家づくりにおいて、断熱材と並び重要なのが窓。夏は入ってくる熱のおよそ70%が、冬は逃げていく熱のおよそ50%が、窓からだと言われています。窓の性能は、家全体の居心地も大きく左右するのです。では、窓の断熱性能を高めるにはどうすればよいのでしょうか。
熱を通しやすいフレームは小さく、熱を通しにくいガラス面は大きくする必要があります。
そこで耐久性に優れたアルミと断熱性に優れた樹脂の良さを融合した高性能ハイブリット窓「TWシリーズ」により熱を通しやすいフレームをスリム化します。

画像

さらに熱を通しにくいガラス面積を最大化。従来品の樹脂窓に比べ、断熱性がおよそ30%向上した「TWシリーズ」は、優れた断熱性能を発揮します。リーズが使用するトリプルガラスの中間ガラスに使用されているのは、わずか1.3mmの特殊薄板ガラス。ガラスの枚数が多い分、重く厚くなりがちなトリプルガラスですが、複層ガラス並みの軽さを再現しました。
2つの中空層には、熱伝導率が低いクリプトンガス/アルゴンガスを封入。「SIM」は空気に比べ熱の伝わりを約30%抑えるアルゴンガス入りが、「B-KLE」「G-ALL」は約60%抑えるクリプトンガスが標準装備されています。

画像
  • 標準…G-ALLB-KLESIM

    ※SIMスタンダードはアルゴンガス

※SIMスタンダードはアルゴンガス

断熱
×
遮断

エアコンの効きが断然変わる
断熱×遮熱で圧倒的な相乗効果

画像

熱の伝わり方は、大きく分けて伝導・対流・放射の3種類があることをご存知でしょうか。温度の高い方から低い方に熱が伝わるのが伝導。 輻射(放射)はイメージしづらいかもしれませんが、同じ気温でも日影に入ると涼しく感じるのは、輻射熱の一部がカットされるからです。断熱材に比べ、まだあまり知られていない遮熱材はこの輻射熱を反射する材料です。伝導熱を伝えにくい素材でできた断熱材と併用すれば、より断熱効果を高めることができます。夏には涼しく、冬には暖かいという家を作り出すには様々な工夫がなされています。

画像

リーズが採用している遮熱機能付き透湿防水シートは、アルミ蒸着層で外壁+屋根全ての放射熱を反射。断熱材が吸収する熱を大幅に減らして、室内外への熱の侵入も減少させ、従来品と比べると侵入熱量をおよそ35%カットします。屋内の冷暖房効率がアップするため、省エネ効果も見込めます。
太陽がジリジリと照り付ける夏場は、たとえ室内であっても温度が高くなり、熱中症を引き起こすリスクが高くなります。断熱材と遮熱材、両方の効果を上手く組み合わせることで、災害レベルと言われる程に厳しい近年の夏の暑さへの備えとなります。

画像
  • 標準…G-ALLB-KLESIM

Safety

耐震

災害時も災害後も、ずっと暮らせる家を。
耐震×制震でご家族の安心・安全を守る

画像

地震、台風等により毎年のように被害が起きている日本。気象庁のデータによると、1951年から2009年までの59年間では、年平均11.5個の台風が日本に接近、年平均2.9個が上陸したといいます。
地震に関しては世界で発生するマグニチュード6.0以上の地震のうち、約20%が日本周辺で発生。「まさか」ではなく「いつか」起こりうる災害時への備えは、災害大国日本においては欠かせません。建物を支えるうえで重要な役割を果たす柱は、建物そのものの重さにより垂直方向の力には強いものの、地震の横風等による水平方向からの力には弱いという欠点があります。

画像

そこで水平方向の力に拮抗して、建物を支える役割を担うのが耐力壁です。揺れによる建物のねじれやゆがみが生じるのを防ぐため、建物の片方に偏らないように、壁面をバランスよく配置します。
耐力壁はつっかえ棒のように柱と柱の間に斜めに取り付ける「筋かい」と「耐力面材」の2種類があります。リーズが使用しているのは、筋かいと耐力面材の両方です。従来、耐力壁に用いられてきたのは筋かいですが、接合部に力が集中してしまうという欠点がありました。耐力面材をプラスする事で面全体で力を受け止めて分散させるので、地震や台風発生時により力を発揮します。

画像
  • 標準…G-ALLB-KLESIM

    ※SIMのスタンダードクラスはオプション

※SIMのスタンダードクラスはオプション

制震

震度7×125%の揺れを
6回連続経験後も性能を保持

画像

重要な耐震対策ですが、大地震が繰り返し起きた場合、徐々に耐震性能が損なわれてしまう問題があります。実際、2016年の熊本地震では、3日間のうちに震度6弱以上の地震が7度も発生。倒壊は免れても、揺れによる建物のダメージが酷く、そのまま住み続けることができない家屋も見受けられました。
そこで注目されているのが免震対策です。壁の中に「制震ダンパー」と呼ばれる特殊な制御装置を設置し、地震による揺れを吸収。建物の揺れを軽減します。家は大切な財産です。リーズの家は命を守ることはもちろん、震災後の暮らしも視野に入れています。

画像

リーズでは、多くの住宅メーカーでオプション対応になりがちな制震ダンパーを標準装備。採用しているアルミ製の制震ダンパーは、耐久性に優れ、経年劣化が起こりにくいため、高低温となる壁内の過酷な環境でもほぼ影響を受けず、一年中性能を発揮します。
震度7×125%の揺れで強度の試験をしたところ、地震の揺れを最大73%軽減※、6回連続の揺れにも耐えて性能を保持しました。気になる制震のメカニズムや実験の様子は、下記のQRコードから実際にご覧になれます。お家だけでは無く、ご家族も全て守れるような家づくりをリーズは目指しています。
※JAM神戸波進度7×125%の加震実験1回目変形量の軽減値です。

画像
  • 標準…G-ALLB-KLESIM

制震メカニズム動画

動画を見る

加振シミュレーション動画

動画を見る

振動台実験動画

動画を見る

Stylish

性能を高めるだけでは良い家とはいえない。
暮らしが楽しくなる機能性を内包したデザイン

画像

「毎日を暮らす家だからこそ、居心地の良さを叶える素材や質感、いつまでも飽きの来ない先進性のある外観・内観、友人や知人に自慢できる恰好良いデザインは譲れない」。そんな願いを叶えるべく、お客様の声をベースに近未来を見据えたデザインを各パッケージに盛り込みました。
シンプルさが魅力の「SIMシリーズ」では、無機質素材外壁に自然素材をワンポイントで使用し、近未来間を演出しています。シンプルなだけでは無く、シンプルの中にも自分らしさを再現する事が出来る魅力的なデザインのシリーズです。

画像

都会的なスタイリングをコンセプトにした「B-KLEシリーズ」。ブルックリンテイストを盛り込んで、モダンな印象に仕上げております。「他の家とはどこか違うデザインがいい」そんな方にオススメのシリーズです。かっこ良さも個性も兼ね揃えたB-KLEは世界でたった一つのお気に入りの場所になります。
「G-ALLシリーズ」は、最上級の豪華さ+上品さにこだわって素材を吟味。照明器具の演出も加え、より大人な上品を引き立てました。いずれも吟味に吟味を重ねた素材やデザインを採用しています。どのパッケージを選んで頂いても「自慢できる家」が実現しました。

画像
画像 画像 画像

ECOMSS plus

エアコン1台で、賢くお得に実現。
24時間365日健康で快適に暮らせる家

画像

「ECOMSS plus」とは、リーズのエコ全館空調システムです。全館空調システムとは、居室だけでなく、廊下や洗面所、トイレまで家全体を無駄なく冷暖房をすることで、24時間一定温度に保つシステムです。
通常の住宅では部屋ごとにエアコンを設置して温度 を調節しますが、全館空調システム搭載の家で設置するのはエアコン1台のみ。この1台が、家中 に張り巡らせた空気の通り道を通じ、家中を快適な室温に調整してくれます。床下が換気経路になっていることで床全体を温められるので、冬場は床暖房いらずの暖かさを実感する事が出来ます。

画像

エアコンが1台ということは、室外機を何台も設置しなくてすむので、せっかくの美しい外観をよりすっきりと見せられます。住まいの快適性や省エネへの関心の高まりで、導入を検討されるお客様が増えているいま、 リーズでは省エネルギーで高いコストパフォーマンスを発揮する「ECOMSS plus」をオプショ ンとして対応。高気密・高断熱な住まいをお届けするリーズだからこそできる全館空調システム です。「興味はあるけど、導入費用や光熱費が高そう」「各部屋にエアコンを買うより、ほんとうにお得になるの?」とお悩みのお客様は、ぜひ一度ご相談ください。

画像
画像 画像
  • 相性抜群

    太陽光発電との組み合わせで、
    さらにこんなメリットも

    ○高気密・高断熱×省エネルギー×創エネルギーによって、より光熱費を抑えられる

    ○クリーンエネルギーのため、CO2の削減や地球温暖化対策に貢献できる

    ○ZEH(ゼッチ・ゼロエネルギー住宅)には必須アイテム

  • 空調システム

    1

    空調室に設置したエアコンで温め(夏は冷やし)た空気を、送風ファンを使って各階の床下へ送ります。

    2

    床下に送った空気は、床面に設置した 給気口から緩やかに吹き上がり家全 体を調温・調湿します。

    3

    調温・調湿した空気は、天井から空調室に戻り家中を循環します。

※冬場は加湿器が必要になります。

こだわりと憧れをカタチにする。

リーズで叶える
reasonableな家づくり。

Contact

お問い合わせ

0120-88-5254 メールでのお問い合わせ インスタグラムはこちら